7代目風魔小太郎が誕生! 「天下一忍者決定戦」-北條五代祭り(神奈川県小田原市)


タウンニュース様より転載)
第50回北條五代祭りが5月3日に開催され、約20万人が訪れた。100人が参加した「天下一忍者決定戦」では、男性の部で渡辺拓人さん、女性の部で槐(えんじゅ)ちがやさんが優勝。小田原高校出身で20歳の元同級生が、『7代目風魔小太郎』と『初代おふう』の称号をそれぞれ手にした。
忍者好きが小太郎襲名 渡辺拓人さん
 小田原城馬出門から学橋までの約150mのコースで健脚を競った忍者決定戦。「歴史好きで忍者にも愛着があった。優勝できてうれしい」と笑顔で振り返った。
 スタートポジションは、当日のレース前に行われた吹き矢と手裏剣投げによって決められた。月4回はダーツを楽しむという渡辺さんは、手裏剣で的の中心を射抜くなど好記録で最前列に。レース中盤まで混戦状態だったが、ゴール前の直線で抜け出し、今年で2回目の決定戦を制した。
 家族や友人が会場にも来てくれ、とても喜んでくれた。特に姉が」と話し、イベント出場を薦めてくれた姉への感謝を口にした。
 大井町出身で、小田原高を卒業、現在は横浜国立大学の3年生。小学生の頃から続けるバトミントンで足腰は鍛えられ、100mの自己ベストは12秒00。大観衆が見守る前でも、自慢の快足を見せつけた。「風魔小太郎として高校時代を過ごした小田原のPRに努めたい」と意気込んだ。
おふうで小田原に貢献 槐ちがやさん
 本番1週間前、コースを試走した。「カーブがきついから大回りした方がいいな」。緻密な戦略と高校通学時に百段坂で鍛えた足、盗塁が得意だったソフトボール部での日々が、女性トップの栄誉をもたらした。
 レースへのエントリーは締切りの直前だった。風魔小太郎は知っていたが、おふうは知らなかったという女子大生は、レース当日も普段通りにアルバイトをしてから参戦。二宮町から応援に駆けつけた家族は「こんなに早く来ないだろうと油断して、ゴールの瞬間を見逃したそうです」と苦笑いを浮かべた。
 体育祭のダンス練習をした二の丸広場、学校帰りに勉強した市立図書館、小田原には愛着がある。最後にさらり「小田原に恩返しできたらな」。
 20歳の2人が、小田原の魅力発信に駆け回る。
   

(1) Comment

Loren
2年 ago ・ 返信

A plaeisngly rational answer. Good to hear from you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>