KG+2017


KG+とは、おそらく ’KYOTO GRAPHIEの関連イベント’です。かなり大きな規模でやっていて、全貌がよく分かりません、毎回。KGにせよKG+にせよ、ホームページとかFacebookは情報が多すぎてイライラしちゃうし、気がついたら4月中に終了している会場やイベントもあったりするので、来年からは会期前にパンフレットを手に入れて事前に研究しようと思います。

<元•淳風小学校 会場>

IMG_3475IMG_3479IMG_3468IMG_3469IMG_3470IMG_3478

もう使われていない小学校の理科室とか音楽室での展示。むかしの学校のにおいがしました。   ’三年い組’ というのがイカシてますね。私は一年ろ組でした。

 

<京都アートホステル クマグスク>

IMG_3487IMG_3486

カッコいいオルタナティブスペース。泊まれる。えらい道に迷いましたがなんとかたどり着けました。この旗↓ は各所ですごく良い仕事しています。

IMG_3484

 

<京都場>

聞いたことなかったけど、すっごく天井が高くて広くてカッコいいオルタナティブスペース。いらした小父さまによると、4月にオープンしたギャラリー、もとは大正時代からの染色工場だったところを壊してガレージにするなんてはもったいないと有志でリノベーションした、宿泊もできる、とのこと。なんか、お金かかってそうだけどイヤな感じはしませんでした。なんというか、余裕がある感じ。展示は伊島薫さんのでした。有名な写真家だそうです。

 

ところで、みなさんは好きな写真家はいますか。わたしは、ライアン•マッギンレーです。ミーハー。

 


コメントを書く ...
   

KYOTO GRAPHIE 2017


京都国際写真祭2017が4/15から5/14まで開催されています。もう5回目。

写真に明るくないノバラギですが、なんやかんや言って毎年調査に行っています。

 

お金持ちの貴方は、パスポート3000円を購入して9会場制覇しましょう。会期中各1回入場可能なので何日かに分けても。BMWのカッチョイイ電気自動車が提供されていて、シャトルカーとして会場間を巡回しています。交通費が要らないね!

小金持ちの貴方は、プチパスポート1500円をどうぞ。1日のみ有効で、3会場に入れます。08文化博物館/11益田屋/13建仁寺両足院と回ると通常価格2600円なので、だいぶ割安。400円のとこへ行くと損。シャトルカーにも乗れます。BMWのレンタサイクルも無料で1日レンタルできます。

KGには意地でもお金を落とさないぞ、ってわたしみたいな貴方。今年もそれで楽しめましたよ!

<06、07元•新風館>

あの、烏丸御池の新風館が美しい廃墟のようになっていました。そのうちホテルに生まれ変わるそうですね。吉田亮人の展示が良かった。見終わったあとでステイトメントを読んだので、びっくりしました。

IMG_3448IMG_3453

IMG_3450IMG_3443

<01虎屋ギャラリー>

IMG_3428IMG_3426

研究所西陣ブランチのご近所。毎年フランス国立ギメ東洋美術館のコレクションから出展されている。古い写真に手彩色をなされていて、なんか不思議なの。今年は「愛」のテーマに沿ってるんだろうか、花魁や芸者の姿を撮影したものが多くて個人的に興味深かったです。都おどりは、すんごい昔から京都への観光客にみせるものだったと知ってびっくりしました。

<KG+5 京都御苑閑院宮邸跡>

IMG_3439IMG_3437IMG_3429

御苑の西南はしに、こんなスペースがあるとは知りませんでした。立派な建物とざばっとしたお庭。御所のテニスコートやゲートボール場の利用は、ここで予約するそうです。

第2日につづく…

 

 

保存

保存


コメントを書く ...
   

節分2017


RIMG0932

わるいごはいねえが

 

 

RIMG0933

にゃんじゃ鬼  レペゼンでん六

 

 

RIMG0931

ゴシック鬼女

 

3a1c59a9

イメージソース

 

保存

保存

保存


コメントを書く ...
   

さる年が終わりますね


みなさま、大晦日をいかがお過ごしでしょうか。

2016年は、どんな年でしたか?

いまさら白状しますが、わたくし、THE YELLOW MONKEYにハマってしまいましたのです。

 

あれは7月のことでした。ひょんなことから大阪城ホール公演のチケットを手に入れ、アリーナ席で観ることになりました。予習はゼロ。ヒットシングルしか知りません。

幕が上がる前、吉井さんの ♪アイウォント パワー アイウォント パワー…♪ ってつぶやきが聴こえてくるのですが、何か知ってる…なんや?なんやろ?

そしてコンサート中盤、ファン投票第1位の人気曲だという「バラ色の日々」。すてき〜カッコ良い〜♥️♥️

ハっ。さっきのん、わかってしまった。「やさしさに包まれたなら」や!

 

そんな話はどうでもよくって、それからというもの吉井和哉の色香に取り付かれ、毎日昔の映像をyou tubeで掘ってはニヤニヤ。画像集めにも力を入れました。中学女子か。

気温37度にめげながらも、サマーソニックにも行ってきました。前日にチケットとって。

4000円、高けえよ!!と毒づきながら、年末の武道館公演のライブビューイング@映画館にも行ってきました。3時間、座ってみられて最高でした。

ボウタイのブラウスも、買ってみました。アイメイクをゴスくらい濃くしてみました。

ええ、コロクサはじめまわりはどん引きですよ。自分でも若干引いてしまってるよ。ええねん、ええねん。この祭りに乗っかっとくねん。祭りはついに東京ドームへ!

 

大阪城Hで初めて生イエローモンキーをみた、と思ってたのですが、解散前の2000年に、見ていました。すっかり忘れてしまっていた自分バカバカ。

今では ’ロキノン系(苦笑)’ などという言葉も根付いた、ロッキンオンのフェスティバル第1回。嵐のため、目当てのAJICOと中村一義がキャンセルになったけど、嵐の中の吉井さんの熱唱、ノーメイクで衣装はジャージ、は、ものすごくかっこ良かったです。みんな若い!

img_3058

 

 

2時間後の紅白の舞台も楽しみー。JAMの歌詞が、新聞一面広告に載ったのですってね。さっきちらっと映ったけど、オールブラックのシブいスーツ姿。シャツはボウタイ。ああ、いいにおいがしそう…

目をハートにして、よいお年をお迎え下さい。うちではこれから、年越しフォーを作りますー。

 

 

 

 

保存


コメントを書く ...
   

坊主は走る、忍者は座る


もうすぐ2016年も終わる。
「師走」とはよく言ったもので、筆者の周りでも坊主やら先生やら陰陽師やらが忙しそうに走り回っている。いつも走っている忍者としては、ここはいったん落ち着いて、コタツに入ってふるさと納税でもらったミカンでも食べながら、2016年を振り返りたい。

「今年もいろいろあったな」としみじみ思うのは毎年のことだが、今年はちょっと、予想外のことが多かった。例を挙げてみよう。

・清原覚せい剤で逮捕
・イギリスがEU離脱
・トランプがアメリカ大統領選勝利
・SMAP解散

国もジャンルもバラバラだが、ここに共通しているのは、どれも出来の悪いウソっぽい、ということだ。数年前にこの話を聞いたなら、誰もが「うそつけ」と一笑に付すことだろう。

ちなみに2年前、2014年は、佐村河内守、小保方晴子、号泣野々村議員など、ちょっと変わった一般人が話題をさらった年である。そして今年は、清原、トランプ、SMAP。えらい違いである。この2年間に何があったというのか。

誰かがタイムマシンで過去に行って、歴史を捻じ曲げてしまったような感じである。
昔「シムアース」という、地球環境をシミュレーションするという壮大なスケールのゲームをやっていて、何をどう間違ったのか、カニが文明を築き上げてしまった時のことを思い出す。そういえばトランプの顔って、どことなくカニっぽくないか。

浮足立って、師でもないのに走り回り、ファンでもないのにSMAPのベストアルバムを買ってしまいそうになるが、ここはぐっとこらえてコタツに戻り、ふるさと納税でもらったミカンを食べる。落ち着け。間違った歴史などない。お前が何も知らなかっただけだ。すべては起こるべくして起き、起こってしまったことが真実だ。もうすでに、カニは文明を持ってしまった。じたばたしても始まらない。

今年の締めくくり、紅白歌合戦の紅組トップバッターはPUFFYらしい。ヒット曲メドレーを歌うそうだが、ぜひ「渚にまつわるエトセトラ」を歌ってほしい。カニ、食べ行こう。

(論説委員:コロ田コロ夫)

コメントを書く ...